• HOME
  • めざす政策
  • 質問しました
  • 見てきました!聞いて来ました!活動報告
  • 自己紹介
  • YY通信
  • 県政報告
  • YY通信

東日本大震災復興支援ネットワーク こころネット

 雲出川流域では、「雲出川をこんな川にしたい」「こんな地域にしたい」という想いをもった人々が、さまざまな活動に取り組んでいます。
皆さんとの出会いを大切に、私自身も、雲出川流域の自然環境保全や地域づくりの活動に取り組んでいます。

雲出川流域での活動を紹介します。

「雲出川水系治水事業説明会」開催!

2014年7月16日

 治水事業でも女性が大活躍です!
相川水系治水事業促進協議会が開催されました。
事業の現状と今後の事業計画を説明したのは、三重県津建設義務所 事業推進室 流域二課 糀谷さとみ課長でした。
土木分野で、女性の課長は初めてだそうです。活躍を期待し、応援しています!

守ろう清流!今年も、「美杉 鮎釣り大会」開催!

2014年7月13日

 美杉 鮎釣り大会開催中!
今年も三十人ほどの方が津市内外からご参加いただきました。

豊かな山が、豊かな川に!

2013年3月27日

 23日に津市美杉町奥津の山に、ドングリの苗木70本を植えました。かわせみ庵5周年記念のイベントで、地元はじめ市外、県外からの参加も多数で、食のおもてなしもあり、素晴らしい一日でした。豊かな山、川、海の再生につながる一歩となりますように!
 三重大学医学部、看護学部の学生さんたちが、前日の準備段階から地域に入り、活動しています。三重大学医学部、県立一志病院が連携し、家庭医の育成、地域医療、在宅医療の推進に取り組んでいます。その広がりと深化を、学生たちの姿から感じることができました。

地域住民の声を!「雲出川ふれあい懇談会」開催!

2013年3月2日

 今日も「雲出川ふれあい懇談会」が、津市久居で開催中です。
国道交通省中部地方整備局三重河川国道事務所が主催し、三重県、津市の参加し、雲出川における今後30年間に行う河川整備計画の策定をめざしています。
昨日に引き続き、大勢の地域住民が参加しています。
長年、水とたたかってきた地域住民の悲願 がかなう計画となるよう取り組みたいと思います。

「つ環境フェア」で「雲出川フォーラム」開催!

2012年11月18日

あなたの家の水道水は、どの川から?
私の自宅の水道水は、雲出川から取水しています。「津市民の生活に欠かせない雲出川の環境をみんなで考えよう!」をテーマに、雲出川フォーラムが開催され、私もパネラー参加し、「命の源 雲出川」への思いや、ネットワークづくりの必要性を訴えました。

各パネラーの発表

久居農林高校環境保全コースで学ぶ高校生たちは、自然環境の保全や 循環型の資源活用に取り組んでいる。
(久居農林高校)

海は森の恋人!漁業者が自ら植樹活動に取り組んでいる。
(香良洲漁協)

森の保全管理が流域の環境を守る。
(中勢森林組合)

上流と下流の人が相互理解し川を考える必要がある。
(元津市連合自治会長)

山川海の連携、行政と市民団体の連携で、共生する社会を創っていこう!
(川づくり会議みえ)

第五回「川のワークショップみえ」

2012年2月19日

川にかかわる調査や研究、活動をしている仲間が集まり、発表します。今年は、津市の片田小学校と一身田中学校の子どもたちも参加していました。
私は、このワークショップの「目的」が大変気にいっています。

●ワークショップの目的
*三重の水辺を愛し、良くしようとする仲間たちの
 交流・懇親を広め、深める
*「三重の川」や「川をフィールドとした活動」を
 「知り、学び、行動する」
*それぞれの活動をくらべっこして学びあい、
 いいところを 「まねっこ」する
*「いい川」とは?・・・をみんなで考える
*「いい川づくり」とは?・・・をみんなで考える
*「いい川づくり」をパートナーシップで進める
*「山~川~海」をつなぎ、それぞれと、
 それらすべてを再生する
*みらいに「いい山~いい川~いい海」を残し伝える

山・川・海ネットワーク「新雲出川物語推進委員会」の活動に感激!

2011年7月31日

 「新雲出川物語推進委員会」は、「雲出川の水環境を守り、自然景観を保全し、山、川、海をつなぐネットワークを構築して、雲出川流域の地域振興を図ること」を目的に、平成20年に設立されました。構成団体は、森林組合、漁業協同組合、市民団体、企業、青少年育成協議会などです。
 この日は、香良洲海岸清掃と地引き網体験があり、川上の美杉町から川下の香良洲町まで、約200名の参加がありました。また、これまでには、美杉町での植樹、川の中流域での清掃活動、稚魚の放流、浜辺学習会などを実施しています。
 雲出川流域の豊かな自然環境を守りたいという市民の願いをつなげる活動に、今後、私自身も、ともに取り組みたいと思っています。

このページのトップへ